2009年12月13日

韓国語の意味

韓国語のヒアリングができないと言うのには、そもそも音を聞き取る
事ができないという事と、意味が分からないという事があります。
これでは、せっかく韓国語で会話をする機会があっても、意思疎通は
難しいと思います。そのため韓国語話す前に、まずヒアリングがで
きるようになる事が必要ではないかと思います。
ところで私たちは、中学と高校そして大学をあわせると10年間もの間英語を
勉強していますよね。でも、アジア人の中でも特に英語語での
ヒアリングができないと言われるのはどうしてなのでしょうか?
大人になっても韓国語を身に付けようと思うと、ノルマを決めて
単語を覚えて、勉強してしまうのですね。これでは、何年やっても
韓国語のヒアリングなんてできません。さらに、耳に入ってきた
韓国語をカタカナに変換して理解しようとするクセもなかなかやっかいです。
単語をカタカナの表記や、だけで覚えてしまうとこうなりやすいです。
ちなみに、まったく単語を知らない人がひたすら韓国語を聞いていても、
「ある日突然分かるようになる」なんていう事にはなりません。音と
意味が一致して始めて韓国語のヒアリングだと思います。
posted by 韓流 at 07:15| 韓国語のヒアリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。