2009年12月05日

韓国語のヒアリング

韓国語がどうも苦手という方、日本人には多いですよね。
またハングル文字が読む事はできるのに話せない。
これは、韓国語のヒアリングができていない事に原因が
あると思います。韓国語のヒアリングが苦手といっても、
まずは、音を聞き取れない、それから意味が分からないと
いう症状がありますが、どちらにしてもペラペラとしか
表現できませんね。これでは、せっかく韓国語で会話を
機会があっても、意思疎通は難しいですね。韓国語を話す
前に、まずヒアリングができるようになる事が必要なようです。
毎日韓国語を勉強してそれでも、なぜか韓国語を話す事も
できないし、ヒアリングも苦手なのはなぜでしょうか?
遊び延長で勉強をしてもやはりヒアリングは上達する事は
無いと思います。だから、韓国に遊びに行くのに辞書を
片手に出かけるような事になってしまうのです。文法が
分からないと韓国語でのヒアリングができないなんていう
事はないと思います。
ラベル:韓国語
posted by 韓流 at 08:35| 韓国語勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。